ウェディング

女性の憧れの指輪の1つ|エタニティリングが人気

カラーを楽しむドレス

ドレス

より華やかに

純白のドレスは花嫁の定番衣装で、結婚式に着用する花嫁は大勢います。しかし披露宴や二次会などになると、純白のドレスではなくカラードレスを身にまとうケースが多く、色彩のあるカラードレスを身にまとった花嫁の登場で、会場はより華やかな雰囲気になります。そんなカラードレスは、やはり結婚式の場合はピンクやイエローなどの淡い色彩のものが多く見られますが、中には濃いブルーやレッド、ブラックなどの個性豊かなドレスも存在しています。カラードレスにはとくに決まりもなく、花嫁の好みで選ぶことが可能です。もちろん式場が提供する貸衣装でも良いですが、他の業者からレンタルすることも可能ですし、自分で用意したドレスでも基本的に問題ありません。それゆえに費用もデザインもさまざまで、自分で自分の好みを実現できるために、アレンジもしやすくて人気が高まる傾向にあります。

選び方の特徴

素敵なカラードレスを着たいと思ったならば、まずはカタログを取り寄せてみましょう。カラードレスといってもその種類は豊富です。それゆえに最初から一つの業者に決めるのではなく、いくつかカタログを取り寄せて、コストやデザインといった特徴を見比べてみましょう。そしてその中から気に入った業者に直接足を運び、実物を確認してみるのが良いでしょう。またドレスだけでなく、ドレスに合わせる小物たちのデザインも同時に考えておくと全体像がイメージしやすくなります。たとえばブーケやティアラ、花冠や髪飾り、ネックレスなどといったアクセサリー類は、ドレスをよりひきたてるデザインのものが良いですし、最近ではサッシュリボンなどでアレンジをきかせたデザインも人気を集めています。