ウェディング

女性の憧れの指輪の1つ|エタニティリングが人気

確実にドレスを借りる方法

ウェディング

借りるか買うか

結婚式に欠かせないウェディングドレス。レンタルか購入かで、ネットの掲示板や結婚情報誌などで論戦が繰り広げられています。レンタルも購入もそれぞれメリット、デメリットはありますが、レンタル派が85%と大半を占めています。レンタルのメリットは結婚式の時しか着ない、その後の保管の手間、持ち込み料を考えても多くの場合購入よりも安く済む、などといった現実的な面が挙げられます。また購入だと手が届かないブランドドレスや芸能人プロデュースのドレスなども、レンタルだと手が届きやすいです。一方海外挙式などで2回以上ウェディングドレスを着る機会がある場合はレンタル派の割合は6割程度に下がります。どちらが正しいと言うものでもないので、状況や好みに合わせて後悔のない選択をしたいものですね。

早く行動する事が大事

ウェディングドレスのレンタルに欠かせないのが試着ですが、お気に入りの一着を見つけるためには、いくつかのポイントがあります。まず予約は必須です。特に土日祝日は混雑するので早めに予定を立てましょう。初めて行く場合は挙式日や挙式スタイル(海外挙式であれば出発日、帰国予定日など)も聞かれますので再確認しておきます。式場のパンフレットがあれば持って行ってもいいですね。そしてもう一つ注意しなければならないのが、基本的にウェディングドレスは一度借りられてしまうと、メンテナンスなどのために1週間〜10日間は借りられなくなるという事です。挙式日が違えばいいのではと思いがちですが、それは大きな間違いなのでとにかく早い者勝ちです。早め早めに行動することが自分にピッタリのウェディングドレスを見つける基本となります。